人間関係をうまく維持する秘訣とは

Posted by admin on 4月 13th, 2014 — Posted in なんでも書

結婚して、数年経つ友達がいます。いつも仲睦まじい様子が伺え、喧嘩とかしないのという話題になり、面白いことを聞きました。彼女いわく、幸せは、いつもいつもあるわけじゃないって。途切れながらにそこにあるものだと言うのです。途切れるというと、なんだか悪い意味みたいですが、幸せはいつもあるとわからなくなって、ありがたみを失うんだそうです。喧嘩という喧嘩はしないそうですが、共働きなので、仕事が上手く行かない日もあるでしょう。そんな日は、片方が機嫌が悪いときもある。話さない日もあるんだそう。そんな日はお互い読書をしたり、テレビを見たり、個人の時間をあえて作るんだそうです。いつも幸せなんてあり得ないといっていました。でも、それも人生、それも生きる糧なんだそうです。独り身の私には理解するのが難しいですが、学生の頃からずっと一緒だった二人が結婚して、そういっているのだから、そうなんだと思います。二人の仲を上手く保つ秘訣は、各々カップルによって違うだろうけど、基本的にはお互いの気持ちを尊重する、思いやりだと言ってました。一人になりたいときもあろう、話したくない日もあろう、そんな日はあえて一人の時間を楽しむんだそうですよ。一人でいるからこそ、二人の時間がまた嬉しいんだそう。私は、友達関係もそうだと思うので、この二人を見習っていこうと思っています。

コンビニで出会う王子様

Posted by admin on 4月 1st, 2014 — Posted in ポイント

私の通勤帰りの日課はコンビニへ寄ることです。スーパーが帰り道にないので、ちょっとしたお菓子とか、どうしても欲しい雑誌とかは帰りにここで買う事にしています。最近は、その日課が楽しみになってきています。コンビニで働いているお兄さんがかっこよくって。もちろん毎日働いているわけではないので、見かけるとしても週に2・3回あればいいほう?そのお兄さんがいなくても、ここには通っているので、ストーカーじゃありませんよっ!(笑)でも、なんだか一生懸命がむしゃらに働いて、疲れ果てて帰ってきて、あのお兄さんを見ると、ちょっと癒されます。ほっこりするんです。別に好きとか、そういうのではなく、ほがらかになれる笑顔というかなんというか・・・。とりあえず、私の心のオアシスなんです。たぶんちょっと年上かな?こう、なんとなく気になる人がいるというだけで、心がうきうきしますね。最近してなかったなぁーそういう気持ち、とか思いながら、今日も帰りに寄ってきました。今日は、そのお兄さん働いてて、「今日もお仕事帰りですか?」って!覚えてくれてるんだね!うれしいよ!!でも、毎日毎日コンビニに一人でよって帰る女もどうなのかしら?いや、今更自分は変えられませんから、明日も又寄って帰りますよ、ついでに癒されるかな(笑)。

大好きな本に出会ったとき

Posted by admin on 3月 21st, 2014 — Posted in なんでも書

今月の本ランキングみたいなのをネットで検索して、さっそく図書館で借りてきました。上下セットの本で、読むのに結構かかったけど(仕事忙しいのと、読むのが遅いため)、久しぶりに読書で泣きました。あまり感動やさんではないので、なかなか涙を流しません。特にフィクションとなると、「作り話」という思い込みが先行してしまって、なかなか感情移入できない・・・。昔は、すぐ感情移入してしまって、ぼろぼろ泣いていましたが、歳を重ねることによって、現実を見るようになってきたというか、強くなったというか、世の中そんな甘いもの、感動的なことが多々あるわけではないことに気づきました。でもこのフィクションは面白くてのめり込み、泣けたんです。お気に入りの本は何度も再読してしまうので、このセットは買いにいこうと思います。なかなかこういう本に出会うことって少ないですよね。面白いだけ、とか、一度読んだらいいやという本にはたくさんであってきましたが、何度も読みたい、結果を知っているにも関わらず読み返したいと思う本は数えるほどです。しかも、再読する本のほとんどがノンフィクションなので、フィクションのこの本はかなか質が高いといえます(あくまでも私にとってです)。ひとそれぞれ好みが違いますから、運命の本に出会うのは大変。でも、探ってみないことには見つかるものも見つかりませんからねぇ。これからも本ランキングチェックして、好きな本探し続けたいですね。

何の取り柄もない私にできること

Posted by admin on 3月 9th, 2014 — Posted in なんでも書

最近ふと、私は何ができるだろうと思う事があります。知識も無い。特にこれといった教養も無い。ずば抜けた特技も無い。ましてや地位なんてない。お金なんてすずめの涙ほど。運動神経も並。名誉なんてほど遠い。昔は頑張ってみたんですけど、知識を高めようと本を読み、通信講座で学ぼうと試み、どれも上手く行かず、貯金もちびちび、運動は好きだけどごく普通、仕事で這い上がろうなんて特に思ってもいません。今の生活に、今の自分が結構好きなんです。でも、何か自分は出来る事が無いかなぁと思うんです。それで考えてみました。いいのか悪いのか、私はとっても気が長く、いつも笑っている、それしか取り柄がないのではないかと。むかし、ある有名店がスマイル0円とうたっていましたが、私もそれをしてみようと思っています。売りはしませんが、一緒にいると和やかな雰囲気になれる、心安らぐと思われるような人になれるよう頑張ろうと思います。いらいらすることもありますよ、人間ですからね。でも、大きな心を持って生きて行こうと思っています。まずは心がけが大事だと思います。なので、まずは笑顔を絶やさないようにする事が私の第一目標です。そして、喜怒哀楽の「怒」と「哀」が少しでも少なくなるよう、人間作りに頑張っていきます。

運動不足解消、自転車通勤にしてみたら・・・

Posted by admin on 2月 27th, 2014 — Posted in ポイント

いつもはバスで通う職場に、自転車で通うことにしてみました。理由は、運動不足と、節約のためです。たかがン百円でも、チリも積もれば山となる、なので、30分ちょいかけて自転車通勤することを決意しました。座ってる事が多い仕事なので、運動不足の解消にもなると思って。この前、横断歩道を走っただけでぜーぜーしてる自分を見て、「これはやばい」と思いました。体力が無い!バスに乗ってると、本読んだりして、あまり外の景色に気を配ったりしなかったのですが、バスでは通れない道なども通れ、色んなものを発見する毎日です。こんなところにコンビニ発見、安い定食や見っけ!すんごい小さい雑貨屋さんも見つけ(バスに乗っていても、小さすぎて見過ごすぐらい小さい!)、今まで通っていた道が、新たな散策地帯となっています。朝早くから開いているベーカリーで、お昼に食べるパンを買うのが日課です。時間のある時は、早い目に出て、そこで朝ごはんパンを買い、途中にある公園で朝パンとコーヒーをすすることもあります。一箇所だけ、急な上りがあるので、そこだけがきついですが、けっこう楽しい自転車通勤。今の職場に勤め始めて1年ぐらいですが、こんなことなら、もっと早くからやっておけばよかったなーと思ってます。

日本警察すごし!

Posted by admin on 2月 11th, 2014 — Posted in なんでも書

密着警察24時、とか、追跡24時、みたいな番組が大好きで、いつも見ています。はらはらどきどきがたまりません。そして世の中にはこんな悪事を働いている人、珍事件などがあるんだなぁと感心しています。こういった番組は、特集などでやる事が多いので、あと季節番組みたいな感じでやるので、新聞とか番組雑誌とかみて、チェックしてます。もちろんテレビのコマーシャルで発見するのが一番多いパターンですが。大概は夜なので、仕事が終わっているのでいつも楽しみにしています。番組がある日は、仕事帰りに、スーパーもしくはコンビニでつまみとお飲み物、もしくは出来合いのご飯を買って帰ります。大抵1時間から2時間の特集なので、しっかりテレビに釘付けになってみたいのです。そして観ている間は、私にとって娯楽タイムなので、おやつやつまみでお口が寂しくなることもなし!シャワーを浴びてくつろぎモードです。最近みたのでは、泥棒の常習犯逮捕の瞬間とか、ストーカーの実態とか、怖いですね。安全に暮らせている今の状況に感謝です。いっつも観るたびに思うんですが、日本の刑事さん、警察官の方々に感謝ですね。いつも街を守ってくれてありがとう!そして、安全大国日本、この国に生まれてほんと良かったと思います。生まれ変わっても、日本人でいたいです。そしてできれば又女がいい。

サインをもらった本

Posted by admin on 1月 28th, 2014 — Posted in なんでも書

小説は好きでも作家さんにはあまりこだわらない(音楽も歌手よりは歌単体で選ぶ)、そんなタイプの私ですが、一冊だけ、作家さんにサインをもらった本があります。20代女性の愛読者が多い小説を書く方で、私もここ数年ずっと愛読しています。知り合いにも同じ作家さんが好きという人がちらほらいて、私よりずっと熱心な友達もいました。あるとき、近くの書店のイベントでその作家さんが来ることになって、なぜかその熱心な友達に誘われて、一緒に行くことになりました。固定したファンをしっかり持っているタイプの作家さんなので、当日も、落ち着いたテンションながらなかなかの人数が集まっていました。だいたい、私と同じ20代後半の女性が多かったように思います。まずはトークイベントがあって、その後がサイン会でした。私の友達はもちろんサインをもらうということで、私もせっかくならと列に並ぶことにしました。作家さん本人はイメージ通りの期待を裏切らない人で、一人一人に丁寧に対応しているようで、少し待ち時間は長かったですが、無事サインをもらいました。二言三言お話ししたものの、緊張してしまってあまり覚えていないのですが、すごく誠実な目をした方で、それほど熱心でなかったにも関わらず、その本は私の宝物的存在になっています。

登場人物と同姓同名

Posted by admin on 1月 20th, 2014 — Posted in なんでも書, ポイント

フィクションの人物と同じ名前ってことはあるんだろうかと、ふと思ったことはあったのですが、まさか本当に自分と同姓同名の登場人物に出会うとは思いませんでした。漫画なんかだと、結構特徴的な名前が使われることが多いので、まずかぶることはないんじゃないかなと思っていたのですが、小説の登場人物というのは、結構ありそうな名前が多いので、広い世の中だし、どこかでかぶっている人というのはいるんだろうなと思っていました。でも、自分の名前は、そこまで変わってはいないものの、かぶるような名前ではないと、なぜか思っていたのですが、先日知人に渡された小説、そのなかに何と自分と同姓同名の登場人物がいたんです。その知人はそれを発見して、それを言わずに私に渡してきたもので、普段本をすすめるような人ではなかったので不思議だなと思っていたのですが、本当にびっくりしました。しかもその登場人物というのが、自分と真逆な性格なもので、何だかおもしろかったです。そこまで嫌な役じゃなかったのもほっとしました。いくらフィクションとはいえ、自分と同じ名前の人が悪く扱われるのはあんまり読みたくないですよね。でも、この件がきっかけで、その小説の著者の別作品も読むようになり、幅が広がりました。名前が結ぶ縁っていうのもおもしろいですね。

ネタ補給

Posted by admin on 1月 5th, 2014 — Posted in ポイント

私の知り合いに、それほど有名ではないけれど、そこそこ安定してきている小説家がいます。その知り合いとたまに飲みに行ったりお茶しに行ったりするのですが、その知り合いいわく、小説を書くのはアウトプットで、インプット量が枯渇するとプツンと書けなくなることがあるそうです。私は小説は書きませんが、仕事柄文章を書くということは多く、それはなんとなく分かる気がします。だから、こもりきってしまうと、どんなに頑張ってもロクな文章が出てこなかったりします。その知り合いはそんなことを口実に遊びに出てしまうこともあるのですが、半分は口実でも半分は切実なんだろうなと思います。たまに「インプットに付き合ってくれ」と、外出に連れて行かれることがあるのですが、確かに、その知り合いいわく「インプット」の前と後とでは表情も書く文章も変わってきます。見ていてはっきりと分かるほどなので、おもしろいです。でも、この知り合いの場合は書き物に顕著に表れますが、どんな人でも同じことはいえるのかもしれないと思います。出してばかりだといつか枯渇する、だから入れることも必要。この知り合いの作品を、私は結構読む機会があるのですが、書店で目にする度にそんなことを思い出して、肩の力を少し抜くようにしています。

涙腺がゆるくなった

Posted by admin on 12月 29th, 2013 — Posted in ポイント

最近明らかに涙腺がゆるくなった気がします。それを感じるのが、今まで平静で読んでいた小説を読んでいて、うるっとくる回数が増えたことです。特に、すでに読んだことのある話、何回も読んできた話で、泣けてくるということが増えました。びっくりです。しかも、「この場面でなぜ?」ということが多いんです。ここでは泣けるだろうというところはそうでもないのに、なぜかふいに泣けてくることがあって、人の感情って不思議だなあと思います。ドラマや映画はどうなのかというと、多分同じように泣きやすくなっているとは思うのですが、小説を読む頻度に比べると見る頻度が少ないので、いまいち比較ができないんです。年をとると涙腺がゆるくなるとはいいますが、それにしたってまだ早いだろうというのが正直なところ。もしかしたら疲れているのかなあとも思ったりします。でも、泣くのってストレス解消に良いんですよね。笑うよりも効果的と聞いたことがあります。それを思うと、私はすぐに笑ってしまうのですが、泣くことって本当に今まで少なかったです。子どもの頃は別ですが。今になって思い出したように泣くことを取り返そうとしているんでしょうか。今度は、号泣するといわれているような、話題本にあえて挑戦してみようかなと思います。